たまごまごまご ②



2020年12月までの記録①




7月の定例会

ワクチン接種が進んでいる中
一旦減少していたコロナの感染者が
特に東京で増え始めています。変異株のせい
だけではないように思います

7月23日開催予定の東京オリンピックは、どうなるのでしょう

折も折、大雨による川の氾濫
土砂災害。そんな中、来られる人だけ無理をしないでと
4か月ぶりに合評会を開きました


短編童話 書き直し作品
もともと3連作だったそうですが
そのうちの1作が
、公募入選したので、切り離して
考えた方がいいのかな。本来、しゃべるはずがないものが
しゃべることもありなのですが、饒舌過ぎると違和感があります
子どもだけではなく、おとなに向けてもとなると、更にです
そういう設定を外しても伝わる方法があります

タイトルも変わってきます
名前を付けない方がいいでしょう

幼年絵本童話
発想は面白いのですが
色々詰め込んで書きすぎたことで、リズム感がなく
わかりにくくなっています。推敲してもっとシンプルにしませんか

例えば……と話しました


生活童話
姉弟げんかが激しすぎるという意見が
多かったです。それもそうですが、作品としての問題は
他にあります。この作品は物語の助走部分にすぎないということです
 つまりふたりの紹介にすぎません。このふたりがこれから数日間
ふたりっきりで、何かをしなければならなくなったとします
悪態をつきながらも、しかたがなく助けあって
悪戦苦闘する物語が読みたいです

姉弟っていいなの気づきは、その折々に


テーマの深い物語
虐待、障がい、里親など、作者が見聞きして
感動した様々な出来ことが創作の原点にあるそうですが
テーマがそれぞれに深すぎて、上滑り状態です
心意気は素晴らしいのですが、まずは一つに
絞って、深く掘り下げてください


手書き短編
メモ書き状態なので、まずは読みにくいです
パソコンの調子が悪かったのなら仕方がないですが
原稿用紙に書き込んでください

エッセイのようなおとな目線の作品です
「ほんまにあった話」だそうです。書き手の気持ちを
大切にしたいと思えば思うほど、糸口を見つけることができません
そんな折、書店で見つけた一冊の本。この本が
まさに同じ世界観で、同じ書き方でした


嶋田泰子『カラスのいいぶん』(童心社)

本を貸し出しました

その他に、『54字の百物語』と『レオナルドダビンチの童話』を
一部読み上げて紹介。発想の転換に役立つかな





5月の定例会


京都・大阪・兵庫の緊急事態宣言が
5月末まで
延長になったため、今月もやむなく
休会になりました。6月も休会になっています
その間、創作にいそしんでほしいです




4月の定例会



大阪府の新型コロナウイルスの感染者が
急増したことに加え、変異株の感染度の高さを鑑みて
4月の定例会は、急遽休会になりました

                 4月 休会(ZOOM合評はしない)
                5月 対面式。今、手元にある作品。(対面式合評ができないときは、休会)
                6月 休会(部屋をとっていないので)
                7月以降 未定





3月の定例会


1枚童話書き直し

1枚童話は、簡潔に書くための
エクササイズです。1枚童話がうまく書ければ
次は5枚、10枚、中編にチャレンジ
してください

長編あらすじ

前回提出作品を
書き直すためのあらすじです
子ども目線で描かれていてわかりやすいし
展開もおもしろいです。今回のみんなの
意見も取り入れて、ぜひ作品に


公募応募作品

公募のテーマに合わない……かな
作者の思い込みで書いているせいなのか
つじつまの合わないところが目立ちます
設定をきちんとしなおしてください


発想がおもしろい

わたしは、そう思いましたが
合評にかけると、問題点がたくさん出てきました
人間の価値観を動物に持ち込むことに、違和感を
感じるようです。いわれてみればそうですね
腑に落ちない。落ちるような展開に
なればいいのですが……


落語シナリオを童話に?

自作の落語を、ナンセンス童話に
したいそうですが、何回読んでも、童話にする要素があるとは
思えません。これは、本人の思考の問題です。まず
童話にしてから、合評にかけませんか?



 おめでとう! 小林里佳さん

某公募に入賞♪ まだ公表できないそうです

「たまごのみなさんのおかげです」というメッセージとともに、
応募作品をコピーしてみんなに配ってくれました
切り口の違う作品になっていました
小林さん、あなたの実力です





2月の定例会


緊急事態宣言の中ですが
マスクを二重にして、三蜜を避けること
手洗いを意識したうえ、自由参加で
ウイングスで合評しました

机を離して
おやまあ、バーテーション
持参の人も




書き直し短編 

長年合評をしてきて
初めてのことです。2バージョンの
うちどちらがいいですか?
ということでした
……が
書き手が何を伝えたいかです
似ているようですが、大きく違う点は
葛藤を抱えた人物が登場することです
いずれにしても説明が多く、葛藤が
浅く、分かりづらいです

どうすればいいか
そんなこんなについて
話し合いました


応募作品

工夫がみられ
完成度も高く、面白かったです
しゃべらせすぎ、引用を削る、終わり方など
少し直せば、完成です



幼年向き

ひらめきはいいのですが
設定が甘いかな。例えば、雨の日で
なくてもいいのでは、おもちゃとの関係が
描けていない、終わり方の工夫
などなど


書き直し作品

面白い発想なのですが
作者には、頑ななまでのこだわりがあって
それはおかしいといっても、納得できないようです
それならそれでどうしたらいいのか
バトルになりました

本人いわく、ZOOMでは
とてもで体感きない刺激的な時間
だったそうです

 

協会刊行の「児童文学塾」は
今後の創作に役に立つと思うので
全員にプレゼントしました

すでに買った人(ひとり)には
明日発売の新刊を




2021年1月の定例会



初めてリモートで合評
例年1月の事始めには神社のお守りを
(昨年は絵馬)をプレゼントしていたのですが
今年は、渡せなくて残念です

9名参加。3回繋ぎ直して
6作品合評

エッセイ(再提出)
流れがよくなっていますが、数か所
わかりにくい点があります

もし童話に書き直すなら
こういうふうに……

絵本テキスト(再提出)
楽しくて、メッセージ感もあります
完成度は高いです。が思い違いもあります
よりよくなるためのアドバイスを


応募作品
先月お試し、今月から入会
初めての合評なので、基本から
話すことにしました


絵本テキストについて

 まず、小さな子どもが、理解できるか?

 ことば・漢字・ストーリー

 シンプル イズ ベスト

 画家さんが絵で場面表現できるか?

 次のページをめくりたくなるか?

欲をいえば、もう一回読みたくなるか

 二つのテーマを追うのは無理

 日本新薬の場合

 病気の子たちに配る絵本にふさわしいか?

 9見開きを意識しているか?

 今までの入選作品の傾向と対策



書きおろし
伝えたいことはよくわかります
が、みんなからいろいろ意見が出たので
それを参考に書き直してください

4~6年生、中には中学レベルの
漢字も使われています
回想が必要か



長編(あらすじ)
時間をかけて書きあがってから
構成やテーマについて指摘されるよりも
前もってあらすじで合評をうけるのは
いいかもしれません

エピソードが並列
なぜ、それを学びたいか
動機が浅い


書きおろし
メルヘン、それとも寓話?
伝えたいことはわかるのですが
設定が安易というか、説得力不足です
理想と現実の世界が描かれていますが
理想と思っている世界にも過酷な現実は潜んでいるし
過酷と思っている現実の世界にも、喜びや
達成感はあるはずです