今日はこんな日

1月18日 楽しや雲

★散歩の楽しみのひとつは、雲を見ることです。住まいを出て帰るまでの一時間余で、雲はどんどん変わっていきます。不思議な形や色の雲になった瞬間に出会うと、わくわくします。

バスの中から見た雲は、ゆったり泳いでいるくじらのようです。淀川河口で命つきてしまったクジラ、生きたまま海に帰してあげたかったです。

★夕方の宝ヶ池は、野鳥でにぎわっていました。

がーちゃん、今日はここにいたのね。白い子は池の中に他の鳥といました。

鵜が、軽くジャンプして、繰り返し水中に飛び込んでいました。

★ベルちゃんが昨日の写真を添付してくれました。かるたの最中、みんな大笑いしています。お手付きをしたのだと思います。お手付きをした時の思い切った罰と、一番札の多かった人へのごほうびは? 楽しかった瞬間をいくつも思い出して、また楽しくなりました。

  

昨日の日記を見たお茶の先生でもある堺の友人から電話があり、「心配してたけど、帯、ちゃんと結べたね」とよろこんでくれました。あれやこれや思い出話で、大笑いしました。朝は会社時代の友人と長電話。富士山の見えるあたりでのんびり会いたいねと盛り上がりました。うーがは朝に、ママからは夕方に電話がありました。他にも今日は、バスから降りた高齢者や、犬を連れて散歩中の人、野鳥の写真を撮っていた人ともおしゃべりしました。最近、見ず知らずの人とよく話します。わたしを見て、駆け下りてきたこの子ともおしゃべりしました。

わたしじゃないよ。ごはんは、別のおばあさんからもらってね。

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

1943年生まれ
羊年・B型・さそり座
48歳で童話教室に通い始め
54歳で単行本デビュー
78歳の現在に至る

日本児童文芸家協会会員
日本ペンクラブ会員

メールはこちらへ