今日はこんな日

3月26日 彼岸の式典

★深草霊園で、春の彼岸の式典がありました。長女が段取りをしてくれてわたしは参加するだけでしたが、待ち合わせ時間を一時間まちがえ、「もうすぐ深草の駅」と長女からメールが来たときは、まだ家にいました。あわてた、あわてた。式典は10時から11時。会場に着いたのは、10時半を回っていました。

一般参加者が、順番に玉串榊に紙垂(しで)という白いひらひらした紙を挿して式は終わりです。

夫だった人は、さくらの花というか、さくらの下でお弁当を食べるお花見が大好きでした。わたしが飾っている写真も、さくらの下でマック(犬)と寝そべっているものです。沢田の母の葬儀は4月16日でした。母が乗った霊柩車のあとから、わたしは車でついていったのですが、はらはらと桜の花びらが、霊柩車に舞い散っていたことを思い出しました。二人のことを思って手を合わせました。

★慌てて出かけたので、次女からのお土産を持ってくるのを忘れました「渡したい」というと、長女は受け取りに来てくれました。今日、八瀬では、ワンダーランドが開催されました。駅からケーブルの乗り場まで、40ほどの出店予定だったのですが、雨降りなのでどうなんでしょうね。

駅構内のお店を覗いてみました。

お菓子を少し買いました。白い丸は、なんと山椒味です。

★次女が送ってくれたタラの芽、天ぷらにしました。

とてもおいしかったです。

たこを買っていたので、たこ焼きをしました。ストックおかずをだして、うこぎごはんでおにぎりを。混んだバスよりも叡電がいいかなといいながら、長女は、早めに帰っていきました。

 

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

1943年生まれ
羊年・B型・さそり座
48歳で童話教室に通い始め
54歳で単行本デビュー
80歳の現在に至る

日本児童文芸家協会会員
日本ペンクラブ会員

メールはこちらへ