今日はこんな日

5月20日 包装紙

★あちゃー、ここでも爪とぎをしています。柱で爪をとぐのは、あの子だけです。できれば他の子のように、あちこちにおいてある爪とぎ器を使ってほしいのですが、その旨伝えたことはありません。ねこたちに、「だめ」と言い聞かせるのは、仏壇の上に乗ることだけです。仏壇の上方に小窓があるので、外の気配が気になるのでしょう。

改めて気になったのは、新たに大きなささくれが突き出していたからです。

ふすまなら直せるのですが……。

ふすまのつぎはぎ用に、かわいい包装紙、とってあります。

豆の柄の包装紙は、今はまっている豆せんべいの包装紙ですが、箱入りを買わないと包んでくれません。包装紙欲しさに箱入りを買いました。中袋も、かわいいです。つぎはぎ用の包装紙、揃っているのに、最近、ねこたちはふすまを破らなくなりました。

★こちたは、母へのお供え。別れた夫の写真の前にも同じものがお供えしてあります。みんなわたしのおなかの中へ。

★今日は、家族以外の人とも、電話で話すことが多い日でした。夜、赤坂台の友人から電話がかかってきて、長話しをしました。取材中の人たちとも楽しく話しました。が、そのうちの一人の方がわたしの本を読んでくれたそうで、その流れて、久々に電話を掛けた知人がいるのですが、その時は、電話に出られませんでした。軽率だったかな。出られなくてよかったのかもと思ってそのままにしていたら、夜遅く、その知人から電話がかかってきました。「ごめんなさい、実は……」と、電話をかけたいきさつを話しているうちに、息が停まるほど驚きました。ただただ祈っています。

 

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

1943年生まれ
羊年・B型・さそり座
48歳で童話教室に通い始め
54歳で単行本デビュー
80歳の現在に至る

日本児童文芸家協会会員
日本ペンクラブ会員

メールはこちらへ