今日はこんな日

4月30日 絵本『ねこふんじゃった』に再会

★ねこが好きな若い友人に、元気が出そうなねこの本を数冊貸しました。実家のねこちゃんが天国に行ったことを悲しんでいたからです。その中に、以前、この日記で紹介した譜面の絵本『ねこふんじゃった』もあったのですが、友人は楽器を演奏する人なので、「この本は返さなくてもいいよ」といいました。今日、長女と出かけたときに、その話をしたところ、「その本、わたしも持ってる」といいました。長女の本の多くはうちで預かっているので、「あれ、もしかして、あの本……」ということになりました。長女は、「すっかり忘れていたぐらいだから、あげてくれても全然いいよ」といってくれました。その後、ふらりと立ち寄った古本屋の棚の中に、『ねこふんじゃった』があるのを長女が見つけました。え、うそお。こんな偶然ってある? 古本屋さんを巻き込んで、大笑い。

200円でした。同じ画家さんの『クマさんにであった』も買いました。

「この画家さんの絵が好き。うちに『けいこちゃん』もあったよね」と長女。ありました。1983年の、こどものとも。定価200円の時代です。大好きな『わたしのワンピース』も同じか画家さんです。

『よい子への道』を見つけたので買いました。2冊になりました。

★ランチのあと、墓参。出町柳まで歩きました。出町柳の柳月堂というパン屋さんの二階は、名曲喫茶になっています。下の店でパンを買って、しゃべってもいい席でコーヒータイム。

★夕方、八瀬のバス停を見て、(この人たちみんな乗れるのだろうか)と心配になりました。赤ちゃんを抱っこしている人、乳母車に幼児を乗せている人、ベンチには高齢者がふたり……。連休は出かけないでおこうと思いました。

万歩計は17000を越えていました。

お供えは、ふたばの豆もちと、みそ餡の柏もち。おさがりをパクリ。

久々に、小学生のころの友だちからあやちゃんからメールがありました。返メールしてもエラーで返ってきます。携帯番号、聞いておけばよかった。

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

1943年生まれ
羊年・B型・さそり座
48歳で童話教室に通い始め
54歳で単行本デビュー
80歳の現在に至る

日本児童文芸家協会会員
日本ペンクラブ会員

メールはこちらへ